ナーラーヤナ スークタム

このマントラは瞑想について説明しています。瞑想の前にこのスークタム(讃歌)を唱えて意味を黙想すれば、深い瞑想に入る助けとなります。最初の数行は神の栄光について語っており、その後、どこを瞑想すべきか、そしてどのように瞑想すべきかについて述べています。瞑想中に心をどのように誘導したらよいかについて、段階的なプロセスを踏んで説明されています。

このマントラはクリシュナ ヤジュル ヴェーダに収録されています。

  • テキストは『ヴェーダ テキスト 第二回配本』『ヴェーダ ハンドブック』に収録されています。
  • 「練習用音源」はプラシャーンティ ニラヤムのサイ クルワント ホールで日頃ヴェーダをリードされている方々により制作された音源です。
  • 「練習会音源」はRadio Saiで放送されたヴェーダ練習会(英語)の録音です。
  • 「ライブ音源」はプラシャーンティ ニラヤムで毎日行われているヴェーダ チャンティング(詠唱)の録音です。

ライブ音源注意点

  • 第1節8行目 viśivam-evedaṁ の daṁ は下げない
  • 第2節1行目 sthitaḥ の ta は上げない
  • 第2節5行目 mahat の ma は上げて ha は上げない
  • 第2節6行目 santatagṁ の gṁ は下げない
  • 第2節7行目 suṣiragṁ の su は下げず ṣi は下げて ra は上げない
  • 第2節11行目 mastakaḥ の ta は上げて ka は上げない
  • 第2節12行目と15行目 sthitaḥ の ta は上げない
  • 第3節以降がない(最後の4行がない)