ヴェーダに関する御講話

バガヴァン(サティヤ サイ ババ)がヴェーダについて多く話されている御講話を集め、日付の新しい順に並べました

真剣な努力によって、西洋人はそうしたマントラを正しく唱えることを学んでいます…

2006年8月9日

ヴェーダがすべての国に広がり、宗教や身分や国籍などによらず、すべての人がヴェーダを学び唱えることがスワミの望みです…

御講話の抜粋映像

すべての人はヴェーダを学習し、それについて黙想し、心の底から唱える必要があります…

※後半がヴェーダに関するお話です

この出来事は、ヴェーダのマントラの力で人は自分の悪魔的な性質を破壊することができるということの象徴です…

神我顕現という問題を取り扱っているのは、ヴェーダーンタ〔ウパニシャッド〕です…

わき目もふらずに専心してヴェーダの詠唱を聞くことは、あなたに限りない恩恵をもたらすでしょう…

ヴェーダ文献は世界最古のものです。それは英知の宝庫です。それは人類の全面的発達に貢献してきました…

ヴェーダの真髄は、至高の美徳として犠牲を賞賛することです…

私たちは、ヴェーダのメッセージの甘露のような価値を理解することによって、その豊かさと栄光のすべてを復興しなければなりません…

この国の幸福と世界の繁栄はヴェーダにかかっています…

ヴェーダは、人間の適切な振る舞いの基礎となる規範を定めています…

力に満ちたマントラは、正確に発音されると、人間の内にある神聖な力を呼び起こします…

1983年1月1日

「タットワマシ」(あなたはそれである)は、サーマ ヴェーダが宣言する聖なる真理です…

1982年10月21日

私たちは今、マントラを通して恩寵を招く科学に精通しているパンディト〔学僧〕たちが執り行う、ヴェーダの儀式であるヤグニャ〔供犠〕を見ています …

1974年10月10日

宇宙の原理は、ヴェーダのマントラ(神聖な真言)が表す神秘的な定式文句と音のパターンに快く従います…

どの国の、どの宗教の人も、ヴェーダは真実の根拠を立証しているということを理解しなければなりません…

1970年11月

人間の最古の聖典であるヴェーダは、人は神から授かった特別な贈り物を役立てなければならないと定めています…

1968年9月27日

ヴェーダは賢者の石であり、すべての金属を金に変え、すべての学生を霊性修行者に変え、すべての霊性修行者を聖賢に変えます…

1962年11月23日

ヴェーダに傾けている私の愛(プレーマ)は、実に、人類に傾けている私の愛(プレーマ)と同等です …

ヴィヤーサ仙はヴェーダを収集し、苦心してヴェーダの教えを数多くの作品の中で詳述したため、ヴェーダ ヴィヤーサと呼ばれています…

日付不明

ヴェーダのない国は、目のない人体と同じです。バーラタの人々の人生と哲学を支配している根本原理は、ヴェーダの権威に基づいています…